Copyright 2003-2012(C) noninoko all rights reserved.

little voice


2011.7
「展覧会開催します」

3月の震災の影響により中止となった新刊出版記念の「はしごをわたってるおんなのこ展」の開催が決まりました。

いい展覧会になるよう、訪れてくれた人に楽しんでもらえるようにといませっせと準備しています。
夏休みを迎えるころの開催となりましたので、工作材料や暑中お見舞いのご挨拶に使えそうなカードなどをご用意。
会期中は会場にずっとおりますので、よかったらあそびに来て下さい。


2011.7
「“くらすこと”のひろば vol.1 @アノニマスタジオ」



くらすこととアノニマスタジオが提案するイベント「楽しむ つながる 分かち合う “くらすこと”のひろば vol.1」で
ワークショップをしてきました。

まる・さんかく・しかくのハニカムペーパーででんぐりのおもちゃを作りました。
たくさんのご参加ありがとうございました。
こどもたち、ほんとかわいいな。とても楽しかったです。

私は午前中の加藤俊朗先生のお話と呼吸法の会にも参加させてもらいました。
先生のご本を読んでからいつかワークに参加したいと思っていて、
今回イベント参加のお話をいただき、やった!とひとり喜んでいました。

3月11日、大地が大きく揺れ、私の身体も心も大きく揺れてしまいました。
すこしずつ修復してきたのですが、加藤先生の言葉でぐっと揺れがとまったように思います。
ああそうだった、ありのままを受け入れていくんだった。
見て見ぬ振りとか、あきらめるということではなく、現実を受け入れる。
先生の肝っ玉かあさんでいることのすすめに、忘れてしまったことを思い出しました。
思い出したら、穏やかさがふわっと心にわき上がってきて、きもちよーくなりました。先生ありがとうございました。

  

  


「ほたる」




今年は蛍が現れるのが遅かった。
まだかまだかと待っていて、やっと6月の終わりに見つけたので
「でたよー」コールを待っていた友人3家族と上の田んぼに鑑賞にいきました。

こどもたちは手に乗せたり、飛んでる蛍を追っかけたり、とても楽しそう。
今年もホタルブクロを持っていって、蛍提灯にも。
たっぷり楽しんだ後は、読み聞かせをしている友人がたなばたの絵本のお話をしてくれました。
こどももおとなも空を眺めながら、お話に耳を傾けます。
時折、ふわ〜りと蛍も飛んで来て、話を聞きにやってきたかのようでした。
気持ちのいい夏の夜でした。

七夕といえば、7月7日でnoninokoは8周年を迎えました。
これまで応援してくださったみなさま、支えてくださったみなさま、本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


「蚕さん日記、最終回」



藁まぶしの住人がいっぱいになったので、トイレットペーパーの芯のハウスも作ってあげました。
驚いたことに黄色い繭もできました。黄色はメス。白はオス。今回譲り受けたのはそうゆう種類の蚕だったよう。

繭からやっと出てきてくれ、あとは交尾して産卵を待つのみだったのですが、
出て来るのはオスばかり。
蚕は成虫になってが生きられるのはたった5
日間。
結局お見合いのタイミングもなく、今回も卵は生まれませんでした。残念でした。
。。


「右回り」



今年は10kgの梅でいろいろ作りました 。
これまでと違ったのは、梅ジュースを梅酵素ジュースにしたり、梅干しを梅漬けにしたり。

酵素ジュースはもう何年も前に雑誌の特集でおじさん達が作ってるのを見て興味を持ち続けていた。
作り方は友人に教わったり、調べたりして、自分が作りやすい方法で作ってみました。
材料は梅と砂糖と塩ときざみ昆布。
海のものと陸のものを一緒に入れるのがいいそうです。
自分の常在菌を入れるのが需要なので、毎日一回手でかき混ぜます。
家族の常在菌は共有しているので私が代表で。
その時に右回りでぐるぐると。
この右回りが重要ポイント。

右回り?って知った瞬間気になって調べてみた。
螺旋、うずまき、回転、ぐるぐるぐるぐる。
このぐるぐるの神秘的なところに私はよく惹かれてしまいます。

料理の時は右回りが美味しくなると言われていて、以前「気」のワークショップに参加したときに
お酢を右回りと左回りでかき混ぜ味比べをしたときに、右回りのはまろやかな味になっていたのに驚いた体験をしました。

だから梅酵素を作る時も、右回りの回転エネルギーを利用して生成、促進させます。
掃除の時など汚れを落としたい時は、左回りにすると分散効果で落ちやすくなるそうです。
嫌な気持ちを溜め込んでしまった時も、身体を左回りにぐるぐる回すと出ていくとか。

右回りは美味しくなあれの魔法でした。


過去のつぶやき

2011 January February March April May Jun July August September October November December

2010 January February March April May Jun July August September October November December

2009 January February March April May Jun July August September October November December

2008 January February March April May Jun July August September October November December

もっとまえのつぶやき→