Copyright 2003-2012(C) noninoko all rights reserved.

little voice


2012.2

「ミツロウクリーム」


我が家の常備薬ミツロウクリーム。
なるべく自分でつくれる物は作って暮らしているのだけど、
これほど浮気もせず、切らすこともなく、何年も作り続けているのはこのクリームくらいではないだろうか。

東京暮らしの頃に作っていたヨモギティンクチャーの虫さされ薬は、葉山の元気な蚊にはまったく効かなくなって、
そこでなんか効きそうとピンときたミツロウクリームを作ってみたところ、すごい効き目。
刺されてすぐ塗るとかゆみがピタっとおさまってしまう。
夏場は、玄関、リビング、洗面所、枕元にすぐつけられるようにあちこちに置いてある。
擦り傷や火傷もすぐ良くなり。皮膚疾患ほとんどにも対応できてしまいます。
保湿クリームとしても抜群で、唇、手、顔にもいつも塗っている。

全て口にしてもいいもので作っているので、塗った手でたべものさわっても安心。
ただひとつだけ困るのは、塗った直後はまだ油分が皮膚に馴染まないので紙ものは触れない。
ついうっかり本のページをめくったりして油あとをつけてしまったことがある。

材料はミツロウとラベンダー精油と椿油。
この椿油を入れるのがオリジナル。
人間の皮脂に一番近いという天然椿油を以前から髪や全身によく使っていて良さは体感できていたので、
レシピにあるホホバオイルではなく家にあった椿油で作ってみたらこれがよかった。

友人によくあげるのだけど、みんなそれぞれに効果があったようでリピーターが多く、
イギリスに引越した友人には小さな軟膏ケース10コほど欲しいと頼まれたり、
姉はジャムの空き瓶を持ってきたほど。

外出時にもすぐ使えるようにいつもポケットに入れてある。
ポケットがかさばらなくてお気に入りのケースがJIM-NETのチョコ募金の空き缶。
蒲田實先生が行なうイラクのこどもたちを支援する活動の一環にチョコ募金というのがあって、
イラクの小児がんや白血病などのこどもたちの絵とメッセージが使われている。
今年の缶は日本の震災にあった人達へのメッセージと希望の花が描かれていた。
自分でいつか木の手作りケースも作ってみようかなとも思っている。

 


「味噌の日」

やっぱり自家製味噌が美味しくて、今年は一年分の味噌を作ろうと大豆を3Kgに増やして作りました。
麹と塩を合わせて、できあがりは約12kgになる予定。

茹でた大豆は大きなジップロックの袋に入れて足で踏んでつぶすのが一番。
あったかくて気持ちいいこの作業は、今年もほとんど娘にうばわれました。
一日かけて一年分の大豆を仕込みました。
美味しい味噌ができますように。


過去のつぶやき

2012 January February March April May Jun July August September October November December

2011 January February March April May Jun July August September October November December

2010 January February March April May Jun July August September October November December

2009 January February March April May Jun July August September October November December

2008 January February March April May Jun July August September October November December

もっとまえのつぶやき→