Copyright 2003-2012(C) noninoko all rights reserved.

little voice


2012.3

「noninokoのこどもとあそび展」



京都メリーゴーランドさんでの展覧会も無事にはじまり、先日ワークショップをしてきました

京都店の展示は28日までで、その後4月29日から5月7日は四日市店に巡回展します。
お近くのかた、どうぞお越しくださいませ。

 

 


「3月11日」



あれから一年が経ちました。
黙祷時間前に娘と小さなヒンメリを作って飾りました。

黙祷の一分間は追悼を捧げる時間にしてはとても短く感じた。
というか犠牲者への追悼の想いだけでなく、
自分が味わった心苦しかったあの日々の出来事が思い出され、
涙がボロボロあふれてきて、心穏やかには黙祷ができなかった。
一分って短いって思った。

一年前は2時46分のあとにさらなる恐怖を体験しているひとがたくさんいた。
天皇陛下のお言葉を聞きながらも、一年前のこの時間を想像すると、
まだまだ穏やかになれなかった。

いつもだったらおやつの時間だよと声をかけるのだけど、
なかなかそんな気にもなれなかった。

被災地から遠くで体験した私でさえまだまだ心が癒えていないのだから
被災地のひとたちはもっともっとなのだと思う。
みんなの記憶から薄れていってはいけないできごとだけど、
どうか残された人達の心の傷は薄れていって欲しいと願います。

 


 

「宙にヒンメリ」


ヒンメリのかたちの謎解きが進んでますます魅了されています。
もともとヒンメリ本を出版する前から詳しいことが書かれた文献が見当たらず、
独自で藁文化やフィンランドの歴史などを調べながら、ヒンメリがどうゆうものかをすこしづつ見つけていきました。
それが昨年、友人達の持ち寄ってくれたものやことばによって、
これまでに私の内に集まっていたかけらが一気につながりはじめ、
いま答えがつかめそうな気がしています。

ヒンメリを作る上での基本は上に正四角錐、下に逆四角錐のかたちをあわせもつ、正八面体です。
この正八面体をいくつか組み合わせて麦わらでモビールを作ります。
太陽神の誕生祭や翌年の豊穣を祈願する収穫祭のヨウルというお祭りに飾られたのがはじまりで
人が天に向かって祈りを捧げるお祭の装飾品でしたがキリスト教伝来とともにクリスマスの装飾品になりました。
死者の霊から家を守ってもらう飾りにも使い、結婚式などでも飾られるようにもなりました。
これはしめ縄と同じように、結界や神域の役目も担っていたのだろうと思われます。

二次元の図で考えると正三角形は天に昇るかたち。
逆三角形は天から降りてくるかたち。
ふたつがあることで天と地がつながるといいます。
ヒンメリは家の天井から吊るして飾ります。天と地の境に位置し、神が宿る依り代。これもしめ縄に似ています。

宙に浮かびながら、部屋に入る風、ストーブなどの熱のよってできる気流、空気に含まれる水分、大地のエネルギー、
これ以外にも目に見えないなにかによってゆっくりと動き、漂うのです。
すると正八面体の中に六芒星が現れ、これが大宇宙のかたちといわれています。
天と地の境であるがままを受け取りながら存在すること。
これって大きな愛であって、それで他と調和がとれてひとつになれる。
それこそが大宇宙。と、どんどんつながって見えてきました。

しめ縄と類似性の多いヒンメリですが、
しめ縄が稲わらに神が宿るといわれていてそれを材料にするように、
ヒンメリも神が宿っているといわれる麦わらを材料にしています。
天然の素材で作る飾りによって天とつながる道が生まれる。
奥深い意味合いを持ちながらもシンプルなこの造形美に改めて感動しています。



「展覧会の準備」


3月16日からはじまるメリーゴーランドさんでの展示の準備で
空箱を床に並べたらさらにわくわくしてきました。
きっと楽しい展示になると思います。

関西での展覧会ははじめてのことですが、ワークショップもはじめて。
どうぞこの機会にご参加いただけたら嬉しいです。
ヒンメリづくりはお子様でもご参加いただけます。
サウンドオブジェクトはこどもたちの心に浮かんだ見えない思いが音になる体験を楽しめます。
ぜひぜひ親子でご参加くださいませ。

京都でみなさんにお会い出来ることをいまから心待ちにしております。

 


「サルビア月いちショップ」

サルビアさんのアトリエで開催している月いちショップ「春のこどもまつり」に参加させていただきました。
ひなまつりの開催とあって親子で楽しめたイベントです。
ヒンメリワークショップも年齢制限なし、事前申込不要、作り方もちょっと簡単にして30分でつくれるものにしましたら、
人がとぎれることなくたくさんの方にご参加いただき、最小年齢は4才のお子さん、大人ひとりの方、カップルの方、
赤ちゃんが抱っこ紐ですやすや寝ているうちにと参加してくれたお母さんもいました。
窓の外の眺めも最高で楽しい時間でした。
どうもありがとうございました。

 


過去のつぶやき

2012 January February March April May Jun July August September October November December

2011 January February March April May Jun July August September October November December

2010 January February March April May Jun July August September October November December

2009 January February March April May Jun July August September October November December

2008 January February March April May Jun July August September October November December

もっとまえのつぶやき→