Copyright 2003-2012(C) noninoko all rights reserved.

little voice


2012.10

「糸を生む」

イヌイットファニチュアさんの新商品につける小さなヒンメリを糸から作ってみることにした。

麻の繊維を指で撚りながら糸にしてゆく。
太陽の光りの下で、なれない手つきで、こもって作業できるアトリエもなく、
いまは一日に3個分の糸を作るのがやっと。
撚り加減、糸の色や細さに注意しながら、もくもくとよっていく。
きもちがいい、この仕事。

ヒンメリの為に昨年は麦を蒔き、今年は糸を生み、材料からヒンメリ作りを楽しんでいる。

イヌイットファニチュアさんの新商品「house」の詳細はこちら→

 



「こころを彫る授業」

札幌に出張に行くので、足をのばして
安田侃さんの作品が展示されているアルテピアッツァ美唄に行きます。

そして、こころを彫る授業というのに参加してこようと申し込みました。
ちょうど今こうゆう時間が欲しいと思っていたところ。
自分の心に出会ってこようと思います。
たのしみ。

 


「ミャーク 神歌」

昨日、観に行った映画のチラシをかばんからとりだし、朝からながめていた。
いい映画だっただけに折りジワを少し残念に思う。綺麗な状態でとっておきたかった。

草舟のさっちゃんが今年宮古島に行った際に、偶然出演者たちを交えた上映会に参加し、
感動のあまり、友人が営むシネマアミーゴでの上演にこぎつけた。
おかげで私はまたあのミニシアターでのんびり観覧できました。
一緒に行ったさっちゃんが上映中に映画の裏話を教えてくれたりしたので
さらに楽しめた。

私は出演者たちの手の美しさにくぎづけ。
神歌を唄う女性たちの手の動き。
病床の清さんの手は若かりし頃の写真のままだった。

女性たちの手の動きをまねてみるが何か違う。
やはりかたちをまねるだけではだめなのだろう。
手に何かを感じなければ。

神と自然へ畏れ敬い生きる、おばあ達の姿には、
人が思い出さなければいけないメッセージがたくさん潜んでいた。


 

「みんなでひとつ」

静岡市美術館で開催した親子ヒンメリワークショップは、みんなで大きなものをつくるという面白い企画でした。
私がひとつ大きい正八面体を用意し、あとはみんなが作った正八面体をつなげていきます。
持ちかえり用の小さなヒンメリも作れ、2時間なのに濃い内容でした。

出来たものは、開催中の展覧会「フィンランドのくらしとデザイン展」の森の家に展示してくださいました。
偶然出来た影が見事でした。

ワークショップレポートは静岡市美術館さんのブログにあります。
この展覧会お次ぎは長崎で開催です。



 

過去のつぶやき

2012 January February March April May Jun July August September October November December

2011 January February March April May Jun July August September October November December

2010 January February March April May Jun July August September October November December

2009 January February March April May Jun July August September October November December

2008 January February March April May Jun July August September October November December

もっとまえのつぶやき→