Copyright 2003-2013(C) noninoko all rights reserved.

little voice


2013.4

Beyond the glass No.2」

 


「青い服

麦を手にした神さまの青い服だそうです。


 

 

「plant water


                        


なんで、なんではじめたのかわからないけど、
春から毎日、水に植物を入れて飲みだした。草花や種のときも。
朝、子供達が学校に行って落ち着いた時間に、のんびり庭先に目をやり、
気になった植物を摘み、水のグラスにいれる。
続けていると草の味がどれも違うことに、気がつく。
味があまりしないのもあったけど。
これは美味しい!と感じたのが、マリーゴールド(カレンデュラ)の葉。
花よりも葉の方が匂いが強い。

しばらく続けてきてわかったのだけど、
自分がいまいるところにいる生きるものたちと仲良くなりたいと思ったからだと、思った。たぶん。

 




「田んぼの授業」

また今年も田んぼの授業がはじまった。
大家さんが先生になり、小学5年生が生徒となる。
私はお手伝い6年目。

大家さんの教えはとてもいい。
無農薬栽培でできたお米の美味しさを噛み締めて欲しい。
田起こししながら生き物達にも目をやってごらん。
環境のこと、自然のこと、五感を育む農作業の段取りをちゃんと用意してくれている。

きっと子供達以上に私が学んでいるのだと思う。


「カレンデュラカスターオイル」



上の畑にマリーゴールドが咲いていた。
大家さんが植えたそう。
持ってていいよ、とお許しがでたので少しいただく。

マリーゴールド、別名カレンデュラ。
外傷に良く効くので、ラベンダーミツロウクリームを作る前は、
ヴェレダのカレンデュラクリームは我が家の常備薬でした。

さっそく、花びらをひまし油に浸し、侵出油を作る。
このオイルでミツロウクリームを作ったら、外傷薬としてばっちり。
そのまま直に塗ってもOK。


 

 

「植物療法」

これまで手探りで行なってきた植物療法を
一度科学的なことも交えつつ学ぼうと学校に通い始めだした。
しかし、、、勉強が苦手な私はやはり難しい研究結果を聞いても蓄積されないらしく、
感覚的な部分で反応した話だけしっかり内に根付く。知識よりも知恵を身につけられたらいいなと。
これまで独学でやってきたことの確認だったり、
限界を感じていた植物からダイレクトにエネルギーを得る方法を学びたくて通う。
一番の目的は蒸留水がつくりたくて。

第一回目の会場は鎌倉の山深い場所でした。
とても豊かなところで、その場所にいるだけでいい作用をもらえている気がする。
一回目のテーマは桜。
薬学博士の先生から桜について話を聞いて、桜の花びらとヤローのリニメントを作った。
ピンクと青色の綺麗なリニメントでした。

 


「無事に終了」

愛知・蒲郡の「ラスティックハウス」さんでの作品展&ワークショップも無事に終わりました。
ご来場くださったみなさまありがとうございました。

ヒンメリは、神の依り代。
昨年からワークショップでは、制作前に手と口を清めてからはじめています。
会場に合わせたスタイルでお清め方法をとっていて、
お水は葉山の吾妻神社の湧き水を持参するのだけど、器などの道具は会場にあるものをお借りしている。
外で木製の柄杓と桶でやったことも。
今回はcafeから小さなプリン型をお借りして。
ラスティックハウスさんのお店のまわりに生えていたカラスノエンドウの草とお水を合わせて。

 


「かみのオルゴール」

鎌倉文学館で開催した春休みこどもワークショップ企画で
「サウンドオブジェクト」のワークショップを行ないました。
かみのオルゴールで遊ぶという企画です。
何年も行なっているワークショップなのですが、
毎回こどもたちのこころに浮かんだものが絵や文字となり、
音となって現れる時は清らかな空気が流れます。

桜を描いた子がいて、和風なメロディーになっていて、お母様と一緒に感動してしまいました。

また、どこかで開催したいと思います。


 

 

 

過去のつぶやき

2013 January February March April May Jun July August September October November December

2012 January February March April May Jun July August September October November December

2011 January February March April May Jun July August September October November December

2010 January February March April May Jun July August September October November December

2009 January February March April May Jun July August September October November December

2008 January February March April May Jun July August September October November December

もっとまえのつぶやき→